二重

二重まぶた・全切開法

確実な二重瞼を手に入れる。しかも目が大きく開きやすくなります

皆さま二重の手術を受ける際に「できれば切らない方法で二重にしたい」とおっしゃいます。埋没法は瞼が薄いかたや、皮膚のタルミがないかたにとっては良い手術法です。しかし「睫毛内反症:(瞼が極端に厚く、逆さまつ毛の状態になっている)」や「上眼瞼皮膚弛緩症:(皮膚にタルミがあり目が開きづらい)」のかたは、目頭から目尻までバランス良く皮膚や軟部組織を切除する必要があるので、全切開法が適応になります。せっかく埋没法で二重にしても、わずか数ヵ月戻ってしまっては、無駄なことになってしまいます。全切開法を行なう意味は、
(1)二重瞼をつくること
(2)皮膚のタルミを取ること
(3)目を大きく開きやすくすること
などがありますが、その目的によって手術法が異なります。“エーブ クリニック”では、瞼の状態を的確に診断した後、ご希望の状態になるためにはどのような処置が必要かを判断して、あなたの瞼に合った理想の二重瞼をご提供いたします。

症例写真10代女性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真20代女性
  • Before
  • After
医師からのコメント
手術前: 末広型でキレイな二重瞼ですが、瞼の皮膚が被さって、目元の印象がやや重く暗い感じになります。
手術後: 余剰皮膚が無くなり、スッキリとした明るい感じの平行型の二重瞼になりました。

この施術について

症例写真20代女性
  • Before
  • After
医師からのコメント
手術前: (本人の)右目に比べて左目の皮膚・眼輪筋が多いので、瞼が重く、目が小さく見えます。
手術後: 左側のモウコヒダを多めに切除することで、左右差の無い、パッチリとした平行型の二重瞼になりました。

この施術について

症例写真20代女性
  • Before
  • After
医師からのコメント
手術前: 元々二重瞼ですが皮膚の量が多く、二重ラインの上から皮膚が被さっているため、二重の幅が狭くなり、目が小さくなっているご状態です。また(ご本人から見て)右側の二重は、広い幅と狭い幅のラインが2つ出ているので、日によって二重幅が変わってしまい、二重が安定しません。
手術後: 全切開法により余分な皮膚と軟部組織(眼輪筋・ROOF)を切除したので、左右ともが安定した二重のラインが得られ、全体的に上瞼がスッキリしました。目がパッチリと大きくなり、明るい目元になりました。
注)このモニターさんは「モウコヒダ」(目頭の部分にある余剰皮膚)が強いので、同時に「目頭切開」も行なっています。

この施術について

症例写真10代男性
  • Before
  • After
医師からのコメント
手術前: 男性のモニターさんですが、一重瞼の程度が強く、上瞼の皮膚と軟部組織が多いため、皮膚が睫毛を眼球側に押し込んでいます。いわゆる「逆さマツゲ」のご状態ですが、医学的には「睫毛内反症」(しょうもうないはんしょう)と呼ばれ、目の痛みや眼精疲労、視力低下、頭痛、頚・肩コリの原因になることもあります。また上瞼の皮膚が黒目の上半分を隠してしまうので、モノを見るときには眉毛を持ち上げてしまうようになります。
手術後: 「睫毛内反症」を改善するため、全切開法を行ない、目の開きを邪魔している余分な組織を取り除きました。目の開きが大きくなり、睫毛が上がっています。眉毛を持ち上げる必要が無くなったので、眉毛が自然な位置に下がってきました。
【ポイント】
(1) 時々「全切開をすると、みんな外人みたいな広い二重になってしまう」というご心配をお伺いすることがあります。全切開法の目的は『上瞼に存在する余剰な組織を切除して目を開きやすくする』ことです。狭い幅の二重瞼をご希望される場合には、こちらの男性モニターさんのように、ほとんど一重瞼のようなご状態になることも可能です。(もちろん広い幅の二重瞼になることもできます)
(2) また「全切開を受けたら、一生その形の目でくらさなければならない」ということを耳にいたします。過去に全切開法をお受けになられたかたでも、その後に二重の幅を変えることは可能です。

この施術について

こんな方にオススメです

  • 確実な二重瞼をつくりたい
  • 目が開きヅライので、楽に開けられるようになりたい
  • 目を大きくしたい
  • 埋没法を受けたが、二重が消失して戻ってしまった。

全切開法の手術法



  1. まず椅子に座った状態でご希望される二重の形を決めて、二重のラインと皮膚切除幅をマーキングいたします。
  2. 仰向けになっていただき、二重のラインを再度確認してから麻酔をします。
  3. マーキング(デザイン)したラインに沿って切開をして、余分に存在している皮膚・皮下組織を適量切除します。キズは二重のライン上にありますので、ほとんど分からなくなります。
  4. 脂肪が多いかたは、隔膜(脂肪が入っている袋)を切開して脂肪を摘出いたします。
  5. さらに目の開きを大きくしたいかたは「挙筋タッキング」を行ないます。これは瞼を持ち上げる筋肉の先を縫縮して、瞼の引き上がりを大きくする方法です。
  6. 二重のラインを固定して、皮膚を縫合して終了です。

手術のポイント

手術時間 1~1.5時間(脂肪摘出、挙筋タッキングの有無で異なります)
傷跡 残りません
入院 必要ありません
通院 5~7日後に皮膚を縫合した糸の抜糸があります。それ以降は、1ヵ月後と3ヵ月後、何か問題があるときのみご来院いただきます
麻酔 局所麻酔または静脈麻酔
日常生活 手術後1ヵ月間は瞼を強くこすらないようにしてください
  • 手術は1~1.5時間程かかりますが、戻ってしまうことがない確実な二重瞼と、開きやすい大きな目を得ることができます。
  • 皮膚を縫合した糸は、二重のラインに引き込まれるため、目を開けたときは分からなくなります。
  • 5~7日後に皮膚を縫合した糸の抜糸があります。抜糸が終わればアイメイクOKです。
  • 麻酔は瞼の皮膚に注射をして行なう局所麻酔、あるいは手術中眠ってしまう静脈麻酔のどちらかを選んでいただくことができます。
  • キズあとは2~3ヵ月の間は赤みがありますが、それ以降は白く細い線状のキズになって、ノーメイクでもほとんど分からない状態になります

料金表はこちら

ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

“エーブ クリニック”のこだわり

その1 目が大きく開きやすくなる
戻ることがない確実な二重瞼を手に入れられるだけではなく、瞼を重くしている皮膚や軟部組織を切除するので、目が開きやすくなり大きな目になります。
その2 腫れ・内出血を最小限にする
腫れる原因となる内出血を極力少なくするために、止血操作を十分に行なっています。さらに内出血を早く引かすお薬、腫れ止めのお薬も各種準備しております。
その3 目立たないキズ
二重のラインに沿ったキズは、2~3ヵ月して赤味が消えてしまえば、ほとんど分からなくなります。キズが赤いうちはメイクでカバーできますが、赤味を早く消すためのお薬もあります。
その4 安心の無痛麻酔
“エーブ クリニック”では、麻酔科専門医の資格を持つ院長が責任を持って手術・麻酔を行ないます。痛みに弱いかたや手術が怖いかたには静脈麻酔で行なうことも可能です。

麻酔について

診療の流れ

STEP1 予約
お電話0120-558-896もしくはご予約専門フォームよりご予約をお取りください。
STEP2 受付
予約いただいた受診日にご来院ください。受付でご要望をお伺いいたします。
STEP3 カウンセリング
院長が責任を持ってカウンセリングをいたしますので、お聞きになりたいことを何でもご相談ください。瞼のご状態を診察した後、的確な診断のもとに、患者さまのご状態に合った二重瞼をご提案いたします。
STEP4 デザイン
手術する部分を正確にマーキングいたします。これをデザインといいますが、これで二重瞼の形が決定してしまうので厳密に行なう必要があります。
STEP5 麻酔
麻酔は瞼の皮膚に注射をして行なう局所麻酔、あるいは手術中眠ってしまう静脈麻酔のどちらかを選んでいただくことができます。
STEP6 手術
手術中は瞼を軽く閉じてリラックスしてください。基本的に目は閉じている状態ですので、手術器具が直接見えてしまうことはありません。恐怖心が強いかた、極度に緊張してしまうかたは静脈麻酔で行なうほうが良いでしょう。全切開法の手術は1時間程度で終了いたします。脂肪の多いかたは脱脂を追加したり、目の開きを大きくしたいかたは挙筋タッキングを行なったりしますので、手術時間は多少異なります。
STEP7 リカバリー
手術直後はベッドでお休みいただき、瞼を10~15分程度冷却いたします。腫れが気になるかたは、この時点で腫れ止めを追加することも可能です。
STEP8 術後カウンセリング
ご帰宅されてからの注意を説明いたします。手術後の通院は、抜糸(術後5~7日)、定期健診(術後1ヵ月、3ヵ月)になります。何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。

手術に関して

施術時間 全切開法の手術は1時間程度で終了いたします。脂肪の多いかたは脱脂を追加したり、目の開きを大きくしたいかたは挙筋タッキングを行なったりしますので、手術時間は多少異なります。
傷跡 2~3ヵ月の間は赤みがありますが、それ以降は白く細い線状のキズになって、ノーメイクでもほとんど分からない状態になります。キズが赤いうちはメイクでカバーしていただきます。キズの赤味を早く消退させるためのお薬もあります。
麻酔 局所麻酔または静脈麻酔(手術中眠ってしまう麻酔法)のどちらかを選択できます。

麻酔について

入院 必要ありません。
通院 術後5~7日にキズを縫合している 糸を抜糸いたします。術後1ヵ月と3ヵ月に定期健診を行ないます。
何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。
入浴・シャワー 当日からOKです。傷口を濡らさないようにしてください。
メイク 当日からOKです。
※手術部位(アイメイク)は抜糸後からOKになります。
その他 手術後1ヵ月間は瞼を強くこすらないようにしてください
日焼け・強い紫外線に当たらないよう気を付けてください。
妊娠中のかたは、時期によっては手術を受けることができません。

料金

手術名 通常料金 キャンペーン料金
全切開法 片目 210,000円 168,000円
両目 350,000円 280,000円

※料金表記につきましては、税抜表記となっております。
※当院ではモニターも募集しております。通常の流れ(手術)と変わりなく、通常の料金より最大70%OFFとなります。お気軽に0120-558-896へご連絡下さい。

よくあるご質問

Q:全切開法をした後で二重の幅は変えることができますか?
A:二重の幅を広くすることは、比較的容易にできます。狭くすることはより難しいのですが、瞼の皮膚に余裕があれば可能です。
Q:全切開法はどのようなリスクがありますか?
A:二重幅の左右差や、希望のラインが出にくかったりする、形状に関してのリスクがありますが、修正が可能なものがほとんどです。目の機能に関係するトラブルは、まずありません。
Q:ケロイド体質なのですが大丈夫でしょうか?
A:ご自分でケロイド体質と思っていらっしゃる人の中で、真正のケロイド体質という人は本当にまれで、キズが赤く盛り上がりやすい「肥厚性瘢痕」という体質のかたがほとんどです。ケロイドの好発部位である肩や胸の中央にできたキズが盛り上がったかたでも、瞼の皮膚はケロイドにならなかったという場合があります。決してNGではありませんが、的確に術前診断を受ける必要があります。
ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ


診療案内