婦人科形成

小陰唇縮小術

誰にも言えないデリケートゾーンの悩み 
シンプルな婦人科形成術で、もう悩む必要はありません

誰にも相談できない女性器の悩み、その中でも一番多いのは小陰唇に関するお悩みです。「小陰唇が大きい」「左右差がある」「色が黒い」など、小陰唇にコンプレックスを抱えているかたは少なくありません。さらに単に外見的な問題だけではなく「自転車に乗るとサドルに当たる」「タイトなジーンズをはいた時にこすれて痛い」など機能的な問題で悩んでいるかたもいらっしゃいます。
小陰唇は大陰唇の内側にあるヒダ状の皮膚組織です。その大きさ(幅:基部である腟前庭からの距離)は、8mm~15mmが一般的と言われることもありますが、“何mm以上が小陰唇肥大である”という明確な基準はありません。特に大陰唇との関係が比較されますので、大陰唇が薄く小さいかたは小陰唇が少しだけ肥大していても相当大きく見えてしまいます。通常は20mm以上ある場合に、手術適応となることが多いようです。小陰唇縮小術の術式は、辺縁をトリミングして大きさ・形・左右差を整える手術ですので、手技的に決して難しいものではありません。しかしバランスの良い自然な形体に仕上げるためには、大陰唇や陰核包皮、さらには肛門付近の会陰部皮膚との関係を考慮しなければなりません。適切な切除量を決定するために、デザインを正確に行なうことや、単純切除だけではなく場合によっては皮弁形成を追加する必要があります。
小陰唇縮小術は、キズ痕はまず分からなくなりますし、比較的短時間で終了いたします。形態の改善とともに、精神面での負担がなくなる満足度の高い手術ですので、手術を受けた後に「もっと早くやっておけばよかった」とおっしゃるかたも少なくありません。手術は局所麻酔で行なうこともできますが、デリケートな部位なので、痛みや不安がないように静脈麻酔で行なうことが多いです。
「よこはま エーブクリニック」では患者さまのプライバシーを大切にお守りいたします。カウンセラー・看護師ともスタッフは全員女性ですのでご安心ください。婦人科形成についてお悩みのかたは、お気軽にご相談にいらっしゃってください。

  • 手術時間
    30分~1時間程度(範囲によって異なります)
  • 日帰り
    OK
  • 当日手術
    OK
  • モニター募集
    -

こんな方にオススメです

  • 小陰唇の形状(大きさ・形・色・左右差)に悩みがある
  • 下着にこすれて痛い
  • 大陰唇との間に恥垢がたまりやすい

小陰唇縮小術の手術法

  1. 仰向けになっていただき、足を開いた体位(砕石位といいます)をとります。
  2. 静脈麻酔で手術を行なう場合には、体位をとった時点で眠ってしまいます。
  3. 余剰皮膚をトリミングする部分のマーキングをいたします。大陰唇・陰核包皮・会陰部皮膚など、周囲組織とのバランスを考えて正確にデザインをいたします。
  4. 施術部位に局所麻酔薬を注入いたします。
  5. 必要量の皮膚切除を正確に行なった後、周囲組織との形状を考慮しながら、微調整のための追加切除を行なっていきます。単純切除だけではなく、場合によっては皮弁形成を行うことで形を整えてまいります。
  6. 左右とも自然な形体になり、バランスの良い状態が得られたら、止血を確認した後、創部を縫合して終了いたします。

手術のポイント

  • 小陰唇縮小術は余剰皮膚を切除するシンプルな術式ですが、大陰唇や陰核包皮、会陰部皮膚などの周囲組織とのバランスを考慮して、自然な形状を保つことが大切です。
  • 小陰唇の粘膜・皮膚は薄いので、キズはほとんど分からなくなります。
  • 陰核包皮を含む前方の小陰唇皮膚の形状は平面的ではないので、自然な仕上がりを得るためには、単純切除だけではなくV型や楔状の皮弁を作成する必要があります。

料金表はこちら

ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

“エーブ クリニック”のこだわり

その1 カウンセリングを重要視

婦人科的なシークレットゾーンのお悩みは、人にはなかなか相談ができないので、自分ひとりでコンプレックスを抱えてしまうことになります。また目や鼻のお悩みと違って、形状を他人と比較する機会も通常はありません。自然な形であっても「私の場合は異常な形なのじゃないか」と心配になって悩んでしまうケースがありますので、婦人科形成のお悩みに対しては、術前のカウンセリングと診断が特に重要です。“エーブ クリニック”では患者さまのご了解のもとに、経験豊富なドクターが診察を行なっています。また診察補助をする看護師と受付カウンセラーは全員女性ですので、お悩みになっている患者さまは、安心してご来院されてください。

その2 効果的な手術方法

小陰唇縮小術は余剰皮膚を切除するシンプルな手術ですが、ただ単純に小さくすれば良いというものではありません。小陰唇は単純に平面的な形ではなく、前方の陰核包皮との移行部は皮膚が入り組んだ複雑な形状をしています。縮小術を施行した際に、この自然な形状を保つためには、単純皮膚切除だけではなく、V型や楔状の皮弁形成術が必要になります。また小陰唇の中央部だけが小さくなっても、後方(肛門付近)の会陰部皮膚が残っている場合には良い形とはいえません。“エーブ クリニック”では周囲組織とのバランスを考え、皮弁形成や会陰部皮膚形成を併用して、自然な形になるように小陰唇縮小術を行なっております。

その3 安心の無痛麻酔

“エーブ クリニック”では、麻酔科専門医の資格を持つ院長が責任を持って手術・麻酔を行なっております。全ての手術・施術に対して、局所麻酔から全身麻酔まで安全に麻酔をお受けいただくことができます。小陰唇縮小術の麻酔は、局所麻酔で行なうことも可能です。しかしデリケートな部分であることや、コンプレックスが強い場合が多いことから、手術中は眠って意識がない状態を希望されるかたが多くいらっしゃいます。また痛みに敏感なかたや不安の強いかたには、手術中は安心・安全のために静脈麻酔を選択されるのが良いでしょう。

麻酔について

診療の流れ

STEP1 予約
お電話0120-558-896もしくはご予約専門フォームよりご予約をお取りください。
STEP2 受付
ご予約いただいた受診日にご来院ください。受付でご要望をお伺いいたします。
STEP3 カウンセリング
院長が責任を持ってカウンセリングをいたしますので、お聞きになりたいことを何でもご相談ください。患者さまがご了承されれば、局所を診察した後、的確な診断のもとに、ご状態に合った手術方法をご提案いたします。
STEP4 デザイン
手術する部分、余剰皮膚の切除範囲を正確にマーキングいたします。
STEP5 麻酔
小陰唇縮小術の場合、麻酔は局所麻酔で行なうこともできます。しかしデリケートな部分であることや、コンプレックスが強い場合が多いことなどから、手術中は意識のない状態を希望されるかたが多いです。また痛みに弱いかたや不安の強いかたにも、不安のないように静脈麻酔を選択されるほうが良いでしょう。(⇒「麻酔」のページをご覧ください
STEP6 手術
手術時間は余剰皮膚の切除範囲、切除方法によって異なりますが、30分~1時間程度で終了します。
STEP7 固定
内出血と腫れを防止するために、手術部位をガーゼで圧迫固定いたします。
STEP8 リカバリー
静脈麻酔を受けられたかたは、手術後リカバリー室のベッドでお休みいただきます。30分~1時間程お休みになればお帰りになれます。
STEP9 術後説明
ご帰宅されてからの注意をご説明いたします。通院の必要はありませんが、何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただいております。

手術に関して

施術時間 切除範囲によりますが、30分~1時間程度で終了いたします。
傷跡 小陰唇粘膜・皮膚は薄いので、キズはほとんど分からなくなります。
麻酔 局所麻酔または静脈麻酔のどちらかを選択できます。

麻酔について

入院 必要ありません。
通院 特に必要はありませんが、何か気になることや問題が生じた際は、適切な時期に診させていただいております。
入浴・シャワー 創部に対してのシャワー浴は3日後からOKです。バスタブに浸かるのは1週間後からになります。
メイク 当日からOKです。
その他 手術後1ヵ月間は局所の圧迫(自転車乗車、性行為)を避けてください。
妊娠中のかたは、時期によっては手術を受けることができません。

料金

手術名 通常料金 キャンペーン料金
小陰唇縮小術 350,000円 245,000円

※料金表記につきましては、税抜表記となっております。
※当院ではモニターも募集しております。通常の流れ(手術)と変わりなく、通常の料金より最大70%OFFとなります。お気軽に0120-558-896へご連絡下さい。

ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

よくあるご質問

Q:手術後の通院は必要ですか? 抜糸はありますか?
A:顔などの皮膚の場合は、皮下に中縫いをして、皮膚表面はナイロン糸やポリプロピレン糸などの非吸収糸で縫合し、1週間以内に抜糸をすることでキズはきれいな仕上がりになります。しかし小陰唇の粘膜・皮膚は薄いので、吸収糸でも丁寧に縫合すれば、中縫いをしなくてもキズはほとんど目立たなくなります。またデリケートな部分なので、痛みや恥ずかしさなどの理由により、抜糸に対して抵抗のあるかたが多くいらっしゃいます。そのため“エーブ クリニック”では小陰唇縮小術のキズの縫合は、抜糸の必要がない吸収糸で行なっています。吸収糸はシャワーや入浴の際に自然に脱落していきますが、2週間以上経ってもまだ残っている場合には、抜糸をされたほうが良いでしょう。術後の通院は特に必要はありませんが、何か気になることや問題が生じた際は、適切な時期に診させていただいています。
Q:自分のモノの形に関して不安があります。手術を受けるべきでしょうか?
A:女性器の悩みや不安はなかなか人に相談できないため、1人でコンプレックスを抱えがちです。そのため、自分だけの判断で「他の人と形が違うような気がする」と思い違いをしている場合があります。また、付き合っていた男性から形が変だと指摘されたことがトラウマになり、男性との交際に積極的になれずに悩んでいた患者さまの中にも、実際に診察をしてみると全然おかしい状態ではなかったというケースもあります。このような患者さまは、手術を受ける必要がありません。婦人科形成のお悩みに対しては、術前のカウンセリングと診断が特に重要です。“エーブ クリニック”では患者さまのご了解のもとに、経験豊富なドクターが診察を行なっています。また診察補助をする看護師と受付カウンセラーは全員女性ですので、お悩みになっている患者さまは、安心してご来院されてください。
Q:運動はいつからできますか?
A:出血や腫れの予防のため、手術後2~3日は局所を圧迫固定します。日常生活での制限は特にありませんので、その間は通常の歩行程度の運動であればOKですが、なるべく安静にしていてください。徐々に安静度をUPして行きますが、1週間が経過したらジョギングや他のスポーツをされても構いません。局所を圧迫する行為(自転車の乗車、性行為)は、手術後1ヵ月が過ぎたらOKです。
ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ


診療案内