鼻

鼻尖縮小術

気になる丸いダンゴ鼻、細くスッキリとした鼻先に

「鼻先が丸いダンゴ鼻が気になる」
「大きい鼻先で悩んでいる」
「鼻先が膨らんでいるので細くしたい」
鼻先の形で悩みをお持ちのかたは少なくありません。
鼻先は文字通り鼻の先端にあるため、その形は鼻全体に影響してきます。鼻先のことを「鼻尖(びせん)」といいますが、先端部は細く尖っているのがバランスの良い状態です。いくら鼻スジが通っていても鼻先が丸いダンゴ鼻になっていると、鼻の形が良いとはいえません。ダンゴ鼻の原因は、鼻先の脂肪・軟部組織が多く、鼻先を構成している軟骨が離れているためです。これを改善するのが、鼻尖縮小術です。鼻の穴の中からアプローチして、鼻先の余分な脂肪を取り除き、開いている左右の鼻翼軟骨を寄せることによって、ホッソリとしたシャープな鼻先に変化いたします。鼻の穴の中から行なうため、皮膚にキズはつきません。“エーブ クリニック”では、的確な診断の基に、バランスの良い鼻先になるために最適な方法をご提案いたします。

症例写真20代女性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真10代女性
  • Before
  • After
  • Before
  • After

この施術について

こんな方にオススメです

  • 鼻先を細く小さくしたい
  • 皮膚にキズが付くのはイヤ
  • 異物を使用するのには抵抗がある

鼻尖縮小術の手術法

  1. 左右の鼻の中からアプローチします。
  2. 鼻先の皮下を剥離して、その下に存在する脂肪・軟部組織を適量切除いたします。
  3. 鼻の穴に沿って皮下に存在する鼻翼軟骨を確認します。ダンゴ鼻のかたは、この軟骨が左右に離れて外側に開いているために、鼻先が大きく広くなっています。これを糸で縫合して中心に寄せることで、鼻先を細くシャープにいたします。
  4. 皮膚を縫合して手術終了です。
  5. 鼻先をテープとギプスで固定いたします。

手術のポイント

  • 鼻の穴の中からの操作になるため、皮膚にキズはできません。
  • 手術後の鼻先の固定は重要です。ギプス固定は通常3~5日間行ないますが、ご状態によってはテープの固定のみで、ギプス固定は必要のない場合もあります。
  • ギプスはご自宅ではずしていただけますが、ご心配なかたは来院されて、こちらではずしてもOKです。
  • 効果を出そうとするあまりに強く絞り過ぎてしまうと、指で摘まんだような鼻先(pinch nose、polly beak nose)になってしまいます。この場合は糸で縫縮するときに、軟骨を少し削って形を調整します。

料金表はこちら

ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

“エーブ クリニック”のこだわり

その1 カウンセリングを重要視

鼻尖縮小術は、ダンゴ鼻を改善するために効果的な方法ですが、「鼻先を突出させる」あるいは「鼻先を下方に向ける」ためには他の方法が適応になる場合があります。“エーブ クリニック”では、術前カウンセリングで手術適応を決定することをとても重要視しています。本当にこの方法で良い効果が得られるのか、満足いただける結果となるのか、それらのことをご手術の前に的確に診断することが大切です。

その2 効果的な手術方法

鼻先を細くシャープにするためのキーポイントは(1)脂肪の除去、(2)軟骨の縫縮、(3)鼻先の固定埋、の3つです。 “エーブ クリニック”では、患者さまが手術結果にご満足いただけるように、上記の3点に細心の注意を払って、それぞれのご状態に合わせて手術を行なっています。

その3 安心の無痛麻酔

“エーブ クリニック”では、麻酔科専門医の資格を持つ院長が責任を持って手術・麻酔を行ないます。鼻の手術のときには、鼻の皮膚にいきなり麻酔の注射をするのはとても痛いので、左右の頬にブロック麻酔(三叉神経第2枝:眼窩下神経ブロック)を併用することで楽に手術を受けることができます。また特に痛みに弱いかたや手術が怖いかたには、手術中に眠っていただくように、静脈麻酔で行なうことも可能です。

麻酔について

診療の流れ

STEP1 予約
お電話0120-558-896もしくはご予約専門フォームよりご予約をお取りください。
STEP2 受付
予約いただいた受診日にご来院ください。受付でご要望をお伺いいたします。
STEP3 カウンセリング
院長が責任を持ってカウンセリングをいたしますので、お聞きになりたいことを何でもご相談ください。鼻のご状態を診察した後、的確な診断のもとに、患者さまのご状態に合った手術方法をご提案いたします。
STEP4 デザイン
手術する部分、鼻翼軟骨の位置を正確にマーキングいたします。
STEP5 麻酔
鼻の手術の場合、麻酔はブロック麻酔(三叉神経第2枝:眼窩下神経ブロック)を併用した局所麻酔で行ないます。特に痛みに弱いかたや恐怖心の強いかたは、手術中眠ってしまう静脈麻酔で行なうこともできます。
STEP6 手術
手術中は目を軽く閉じてリラックスしてください。術野である鼻の部分以外は、布で覆ってしまいます。起きていて意識のある状態が辛いかたは、静脈麻酔で行なうほうが良いでしょう。
STEP7 固定
手術部位が安定するように、テープとギプスで丁寧に固定いたします。
STEP8 リカバリー
静脈麻酔を受けられたかたは、手術後リカバリー室のベッドでお休みいただきます。30分~1時間程お休みになればお帰りになれます。
STEP9 術後カウンセリング
ご帰宅されてからの注意をご説明し、次回来院日のご予約をいたします。術後通院日以外でも、何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。

手術に関して

施術時間 1時間程度で終了いたします。
傷跡 手術操作は鼻の穴の中からですので、皮膚にキズはできません。
麻酔 局所麻酔(ブロック麻酔併用)または静脈麻酔(手術中眠ってしまう麻酔法)のどちらかを選択できます。

麻酔について

入院 必要ありません。
通院

術後5~7日にキズを縫合している糸を抜糸いたします。その後は、術後1ヵ月と3ヵ月に定期検診を行ないます。(術後3~5日にご自宅でギプスをはずしますが、ご心配なかたは来院されて、こちらで一緒にはずすこともできます。)

検診日以外でも、何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。
入浴・シャワー 当日からOKです。傷口を濡らさないようにしてください。
メイク 当日からOKです。
その他

手術後1ヵ月間は鼻を強く押したり、こすったりしないようにしてください
日焼け・強い紫外線に当たらないよう気を付けてください。
妊娠中のかたは、時期によっては手術を受けることができません。

料金

手術名 通常料金 キャンペーン料金
鼻尖縮小術 300,000円 240,000円
※料金表記につきましては、税抜表記となっております。

よくあるご質問

Q:手術後の鼻先の固定は、しなくても良いですか?
A:軟部組織には弾力性があるので、せっかく鼻先を細くしても、多少後戻りしてしまうことがあります。手術後のテープやギプスによる固定はこの後戻りを防ぐためのものですので、良い結果を維持するためには必要な処置になります。しかしご状態によっては、ギプスはしないでテープ固定のみを短期間行なう場合もあります。
Q:鼻尖縮小術をすると鼻先は高くなりますか?
A:鼻尖縮小術は左右に広い鼻先を絞る手術になりますので、基本的には正面から見たときの鼻先が細くなります。横から見た状態では絞った分だけ、ホンの僅か鼻先は高くなりますが、ほとんど変わりません。鼻先を前方あるいは下方に伸ばす手術は「鼻尖部軟骨移植術」か「鼻中隔延長術」になります。術前のカウンセリングでご状態をしっかり確認して、適切な手術方法を選択することが重要です。
★鼻先を高くしようとして強く絞り過ぎてしまうと、指で摘まんだような鼻先(pinch nose、polly beak nose)になってしまいます。この場合は糸で縫縮するときに、軟骨を少し削って形を調整します。
Q:鼻の固定はマスクで隠れますか?
A:少し大きめのマスクならば隠れます。ギプスは鼻先を固定するものですので、鼻の上の方までははみ出さない状態です。
ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ


診療案内