タトウー

タトゥー(入れ墨・刺青)除去

タトゥー(入れ墨・刺青)を短期間で確実に除去いたします

「タトゥー(入れ墨・刺青)を消したい」と思う方は、下記の理由で悩まれてます。

・子供とプールや入浴施設に入れない
・社会人となり、ゴルフなどアウトドアで軽装になれない
・海外旅行中にファッションタトゥーを入れて後悔している
・友人に勧められて一緒に入れてみた
・若いころ、自慢したくて勢いでやってしまった
・レーザーで除去を行ったが薄くなっただけ
・結婚式がある為、早く確実にタトゥーを取りたい
など・・・

タトゥーを入れる動機は様々ですが、後になって色々と不都合が生じてきて、その結果タトゥー(入れ墨・刺青)除去をされる方が多いです。
タトゥー(入れ墨・刺青)除去には大きく分けて、「レーザー」と「外科的手術(単純切除、皮弁法、削皮術、皮膚移植)」の2つの方法があります。

レーザーは色が濃いタトゥーには有効ですが、赤や黄色の薄い色には反応しません。また、タトゥー(入れ墨・刺青)が目立たなくなるためには数回の照射が必要なことが多く、結果的に治療期間が長くかかり費用も高額になってしまうことがあります。

一方、外科的手術の場合はキズが多少残ることが難点ですが、短期間で確実にタトゥー(入れ墨・刺青)を除去することができます。
“エーブ クリニック”では外科的手術によってタトゥー(入れ墨・刺青)除去を行なっています。
キズ跡を目立たなくさせるために、手術中だけでなく手術後も創部に対してのケアを行なっていますので、これから夏に向けて肌を露出する機会が多くなる時期にでもご安心してタトゥー(入れ墨・刺青)除去を受けて頂けます。
タトゥー(入れ墨・刺青)除去についてお悩みの方は、お気軽に無料カウンセリングにご来院ください。
経験豊富な院長があなたのタトゥー(入れ墨・刺青)に最適な除去の方法をご提案いたします。

  • 手術時間
    30分程度(小さいもの)
  • 日帰り
    OK
  • 当日手術
    OK
  • モニター募集
    募集中
症例写真20代男性
  • Before
  • After(3ヶ月後)
  • After(1年1ヶ月後)
医師からのコメント

20歳の時に、国内でプロの彫師による機械彫りで、タトゥーを入れました。
前胸部・肩・上腕にかけて、広範囲に亘って存在します。
赤や緑色が主体なので、レーザーの効果が出にくいタトゥーとなり、確実にタトゥーを消すためには外科的処置が適応になります。
どの手術方法を選択するか大変悩みましたが、皮弁法を主体にして分割切除を行なっていくことに決定いたしました。

広範囲のタトゥーを分割切除で取り除いて行く場合には、治療期間が長期化するケースがあります。
患者様の中には「本当に治るのだろうか?」と、その期間に非常に強い不安を抱かれるかたや、諦めて治療を途中で断念してしまうかたもいらっしゃいます。
正直なところ今回のケースでは、私自身が「切除法のみで全部取り切ることが出来るのだろうか?」と疑問に思った時期もありました。

最終的に切除法のみでタトゥーが消えて、良好なご状態を得られた理由としては、

  1. 患者様の皮膚の回復力が良好なため、短期間で安全に次の手術を行なうことが出来たこと。
  2. 患者様が治療方針に対して疑念を抱くことなく、信頼をおかれて治療を継続して頂いたこと。(大変有り難いことであると感じています)

以上の2点が要因であると考えています。

この施術について

症例写真30代女性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真40代女性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真30代男性
  • Before
  • After
  • Before
  • After

この施術について

症例写真40代女性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真20代男性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真20代女性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真40代男性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真30代男性
  • Before
  • After
医師からのコメント
手術前: 10数年前に左肩から腕にかけてタトゥーを入れました。最近になって、温泉やサウナで入店を断られることが多くなり、消したいと思うようになりました。
手術後: かなり大きなタトゥーでしたが、皮膚に余裕があったため、一回の単純切除で除去することができました。

この施術について

症例写真30代女性
  • Before
  • After
  • Before
  • After
医師からのコメント
手術前: 左肩から背中にかけてのタトゥーです。赤や緑色のタトゥーは、レーザーに反応しにくいため、外科的切除がおススメです。
手術後: それ程大きなタトゥーではなかったため、一回の単純切除で取り切ることができました。すぐに除去できるところが、外科的切除の良いところです。

この施術について

症例写真30代男性
  • Before
  • After
  •    

この施術について

症例写真20代女性
  • Before
  • After
  •    

この施術について

症例写真20代男性
  • Before
  • After
  •    
  • Before
  • After
  •    

この施術について

症例写真20代女性
  • Before
  • After
  •    

この施術について

こんな方にオススメです

  • 短期間で確実にタトゥー(入れ墨・刺青)を取りたい
  • レーザー除去では効果が無かった
  • タトゥー(入れ墨・刺青)除去後のキズ跡を目立たなくしたい
  • 安く、早く、確実にタトゥー(入れ墨・刺青)を消したい

タトゥー(入れ墨・刺青)除去の手術法

  1. タトゥー(入れ墨・刺青)切除部分をデザイン(マーキング)しますが、大きさや形によって切除範囲が異なります。手術後のキズを目立たなくするためには、どのように切除するのが最も効果的かを考えて、デザインを行なうことが重要になります。
  2. 手術は局所麻酔または静脈麻酔を施行して行ないます。
  3. タトゥー(入れ墨・刺青)を切除した後、創部に負担がかからないように、周辺の皮下を剥離いたします。
  4. 術後のキズ跡を目立たなくするために、皮下の中縫い(真皮縫合)を密に行ないます。
  5. 皮膚を縫合して手術終了です。

手術のポイント

  • タトゥー(入れ墨・刺青)除去手術は皮膚切除を行なうシンプルな手術なので、リスクも少なく、手技的にも決して難しいものではありません。しかし切除・縫合を適切に行なわないと、皮膚がよじれてしまったり、目立つキズ跡が残ったりしてしまいます。手術前に切開線の方向やデザインを決定して、正確な手術計画を立てることが大切です。
  • キズ跡を目立たなくさせるためには、手術手技だけではなく、手術後のケアも重要なポイントになります。術後のテーピングや内服薬によって、キズ跡はより綺麗な状態になります。

料金表はこちら

ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

“エーブ クリニック”のこだわり

その1 カウンセリングを重要視

タトゥー(入れ墨・刺青)除去手術は皮膚の単純切除が基本になりますが、幅の広いものや大きなタトゥー(入れ墨・刺青)では、一回での単純切除が難しい場合があります。その場合には数回に分けて分割切除を行なうか、周囲の皮膚を移動させる皮弁法を行ないます。タトゥー(入れ墨・刺青)除去の患者様は、短期間で効果的な方法を希望されるケースが多いので、ご状態に合わせた適切な方法を選択しなければなりません。そのために“エーブ クリニック”では、正確な診断のもとに、適切な手術計画を立てるためのカウンセリングを重要視しています。

その2 効果的な手術方法

タトゥー(入れ墨・刺青)除去手術では、
  ①確実にタトゥーを除去する
  ②短期間(可能なものは一回の手術)で治療する
  ③キズ跡を目立たなくする
以上のことが重要なポイントになります。“エーブ クリニック”では上記の3点を考慮してタトゥー(入れ墨・刺青)除去を行なっています。単純切除・分割切除・皮弁法などの手術法の中から最も適した術式を選択して、確実な手術を施行し、術後も創部に対する処置を行なってキズ跡を目立たなくするためのケアをいたします。

その3 安心の無痛麻酔

“エーブ クリニック”では、麻酔科専門医の資格を持つ院長が責任を持って手術・麻酔を行ないます。タトゥー(入れ墨・刺青)除去手術は局所麻酔で行なうことが多いですが、特に痛みに弱い方や手術が怖い方には、手術中に眠っていただくように、静脈麻酔で行なうことも可能です。

麻酔について

診療の流れ

STEP1 予約
お電話0120-558-896もしくはご予約専門フォームよりご予約をお取りください。
STEP2 受付
ご予約いただいた受診日にご来院ください。受付でご要望をお伺いいたします。
STEP3 カウンセリング
院長が責任を持ってカウンセリングをいたしますので、お聞きになりたいことを何でもご相談ください。局所のご状態を診察した後、的確な診断のもとに、患者さまのご状態に適したタトゥー除去の方法をご提案いたします。
STEP4 デザイン
皮膚の切開線、剥離範囲、皮弁法の場合は移動する皮膚組織など、手術を行なう部分をデザイン(マーキング)いたします。デザインによって、キズ跡や皮膚の状態などの手術の結果が決まってしまうので、正確に行なう必要があります
STEP5 麻酔
麻酔は局所麻酔、あるいは静脈麻酔のいずれかをお選びいただけます。(⇒「麻酔」のページをご覧ください)
STEP6 手術
局所麻酔で行なう場合、手術中は瞼を軽く閉じてリラックスしてください。通常の場合手術は30分程度で終了いたします が、範囲が広いタトゥー(入れ墨・刺青)除去は2時間以上かかることもあります。長時間の手術がご心配な方、恐怖心が強い方、極度に 緊張してしまう方は、静脈麻酔を併用されると良いでしょう。手術終了時に創部にガーゼを当てて固定いたします。
STEP7 リカバリー
静脈麻酔で手術を受けられた方は、手術直後はリカバリー室のベッドで、30分~1時間程度お休みいただきます。
STEP8 術後説明
ご帰宅されてからの注意を説明いたします。術後の通院は、手術日から1週間後にご来院いただき、創部の抜糸を行ないます。その後は1ヵ月、3ヵ月後に定期検診がございますが、何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。

手術に関して

施術時間 長さが10cm以内のタトゥー(入れ墨・刺青)で、単純切除手術の場合は、通常30分以内で終了いたします。範囲が広いタトゥー(入れ墨・刺青)除去や、皮弁法を行なった場合は、2時間以上かかることもあります。
傷跡 タトゥー(入れ墨・刺青)除去をした部位に、キズ跡が残ります。手術後3~6ヵ月程度キズの赤味が強い時期がありますが、その後は白くなって目立たなくなります。キズ跡を目立たなくするために、ご状態に合わせて、テーピングや内服薬などの術後処置を行ないます。
麻酔 局所麻酔または静脈麻酔(手術中眠ってしまう麻酔法)のいずれかを選択できます。

麻酔について

入院 必要ありません。
通院 通常の場合、1週間後の創部の抜糸、1ヵ月、3ヵ月後の定期検診にご来院いただきます。何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。
入浴・シャワー 創部を濡らさなければ、当日からOKです。
メイク 創部でなければ、当日からOKです。
その他

手術後1ヵ月間は、創部を強くこすらないようにしてください
日焼け・強い紫外線に、当たらないよう気を付けてください。
妊娠中の方は、時期によっては手術を受けることができません。

料金

面積を計測する
タトゥー例・1 (トライバルタトゥー)
デザインに沿って正常な皮膚も一緒に切り取り、基本的に四角形で計算します。たて×よこで計算します。
3×5 = 15cm2となります。
タトゥー例・2 (離れたデザイン)
1つをたて×よこで計算し、2つあるので倍にして
(3×3)×2 = 18cm2となります。
費用の計算
  面積を入力後(半角にて)、【計算】ボタンをクリックしてください。
cm²    
通常料金
0円
モニター料金(50%OFF)
0円
※上記の金額は目安となりますので、正しい金額はクリニックで診察(無料)の上、サイズを測定しお見積りを     ご提示いたします。お気軽にお問合せ下さい。
※料金表記につきましては、税抜表記となっております

よくあるご質問

Q:腕に10cmくらいのタトゥーがあるのですが、一回の手術で取れますか? 料金はどのくらいかかりますか?
A:長さが10cmあっても幅が2~3cm程度であれば、一回の単純切除で取り切ることができます。幅が広いタトゥーの場合は、皮膚の状態にもよりますが、分割切除や皮弁法が適応になる場合があります。詳しい手術料金については、料金表をご覧ください。モニターさん割引もございます。
Q:肩に入れたタトゥーを取りたいのですが、カウンセリングに行く前にメールで相談できますか?
A:お忙しい方やご遠方の方は、まずはメールでご相談ください。タトゥーを入れた部位と形、大きさをご連絡いただければ、手術方法と治療期間、ご料金などの概略をご案内させていただきます。大きさについては「何cm×何cm」あるいは「手のひらくらい」などと表記していただいてもOKです。
Q:知り合いに入れてもらった腕のタトゥーを消すために、レーザーを数回照射しましたが効果がありません。切除したほうが良いのでしょうか?
A:タトゥーを入れる方法によっても、それを除去する対処法の効果が異なる場合があります。ファッションタトゥーなど機械を使う場合は、皮膚の浅いところに入れるので、色が濃いものであればレーザーは効果的です。プロの彫り師による手彫りは、色素を皮膚の深部まで入れるので、レーザーで除去するにはかなりの回数と時間がかかる場合があります。素人の手彫りの場合、色素が入っている層にバラつきがありますので、レーザーでは部分的に残ってしまうことがあります。お知り合いの方が、どのような方法でタトゥーを入れられたのか解らないので、正確なことはお話しできませんが、数回のレーザー照射で全く効果が無ければ、外科的手術をお考えになられたほうが良いと思います。
ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ


診療案内