鼻

鼻孔縁下降術

鼻の穴が目立ってしまう、もう一つの原因

正面から顔を見たときに、鼻の穴が丸く大きく目立ってしまい、それを気にされるかたは少なくありません。鼻の穴が目立つケースでは、いくつかの原因があり、それによって改善方法が異なります。まず鼻先が上を向いてアップノーズになっている場合には、鼻中隔延長術で鼻尖部を下方に延長いたします。小鼻が大きくて鼻の穴そのものが大きい状態に対しては、鼻翼縮小術で小鼻の余剰皮膚を切除して改善いたします。もう一つの原因として、小鼻から鼻先にかけての鼻の縁の下方部分、鼻孔縁が上に切れ上がっている場合があります。このような状態は鼻孔縁の皮膚・皮下組織が不足していますので、組織不足を補うことが必要になり、鼻中隔延長術や鼻翼縮小術を行なっても良い状態にはなりません。改善方法としましては、耳から皮膚・皮下組織・軟骨を必要量採取して、鼻孔縁組織の足りない部分に移植して、組織不足を補うことが必要になります。鼻は立体的で複雑な形状をしていますので、それぞれのご状態で改善方法が違ってまいります。鼻の高さや大きさだけでなく、その形状についてお悩みのかたは、一度カウンセリングにご来院ください。

症例写真30代女性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真20代男性
  • Before
  • After
  • Before
  • After

この施術について

症例写真40代女性
  • Before
  • After
  • Before
  • After
  • Before
  • After
医師からのコメント
手術前: 正面から見ると鼻の穴が大きくて目立ってしまうご状態です。斜めから見ると分かりますが、鼻先が上を向いているアップノーズ(短鼻)ではありませんし、小鼻も大きいわけではありません。鼻孔縁の皮膚が不足して、鼻の穴の輪郭が上方に切れ上がっているご状態ですので、「鼻孔縁下降術」が良い適応になります。
手術後: 手術から1週間経過したので抜糸をいたしました。キズは鼻の穴の中になりますので、外側からキズ跡は見えません。若干の腫れとキズ周辺の赤味がありますが、あと1週間程度で落ち着いてくるでしょう。

この施術について

こんな方にオススメです

  • 正面から見たときに鼻の穴が大きく目立ってしまう
  • 鼻の穴の縁が上に切れ上がっている
  • 異物を使用するのには抵抗がある

鼻孔縁下降術の手術法

  1. まず耳介から、移植する組織(皮膚・皮下組織・軟骨)を採取します。
  2. 鼻孔縁に沿って鼻の穴の中の皮膚を切開します。
  3. 切開創を広げて、幅を拡張することにより、鼻孔縁を下方に延長します。
  4. 拡張した創部に、耳介から採取した組織を移植いたします。
  5. 凹凸が無く、鼻孔縁がスムースなラインになるようにトリミングします。
  6. 組織を縫合固定して終了です。

手術のポイント

  • 鼻先から小鼻にかけての鼻孔縁のラインは、上方に向かって突の緩やかな曲線を描いているのがバランス・形が良い状態です。そのため必要充分量の組織を移植して、左右差の無いように、形よくトリミングすることが重要です。
  • 鼻の穴の中からの操作になるため、皮膚にキズはできません。
  • 手術後の外固定は行ないませんので、ギプスやテープを装着する必要がありません。

料金表はこちら

ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

“エーブ クリニック”のこだわり

その1 カウンセリングを重要視

鼻の穴が目立ってしまうケースには、いくつかの原因があります。その状態に対応した施術を行なわないと、効果が得られないばかりか、かえって不自然な形になってしまいます。本当にこの術式で良い結果が得られるのか、ご満足いただける結果となるのか、それらのことを術前に的確に診断することが大切です。 “エーブ クリニック”では、術前カウンセリングで手術適応を決定することをとても重要視しています。

その2 効果的な手術方法

鼻孔縁が下がって鼻の穴が見えにくくなったとしても、スムースな形状をしていないと、不自然に見えてしまいます。自然な形の鼻孔縁を得るためには、移植する組織を単に縫合固定するだけではなく、トリミングして形良く整える必要があります。トリミングは、鼻尖や鼻翼などの周囲組織との関係や、移植された組織の生着率や吸収される量を考慮して、バランスよく正確に行ないます。

その3 安心の無痛麻酔

“エーブ クリニック”では、麻酔科専門医の資格を持つ院長が責任を持って手術・麻酔を行ないます。鼻の手術のときには、鼻の皮膚にいきなり麻酔の注射をするのはとても痛いので、左右の頬にブロック麻酔(三叉神経第2枝:眼窩下神経ブロック)を併用することで楽に手術を受けることができます。また特に痛みに弱いかたや手術が怖いかたには、手術中に眠っていただくように、静脈麻酔で行なうことも可能です。

麻酔について

診療の流れ

STEP1 予約
お電話0120-558-896もしくはご予約専門フォームよりご予約をお取りください。
STEP2 受付
予約いただいた受診日にご来院ください。受付でご要望をお伺いいたします。
STEP3 カウンセリング
院長が責任を持ってカウンセリングをいたしますので、お聞きになりたいことを何でもご相談ください。鼻のご状態を診察した後、的確な診断のもとに、患者さまのご状態に合った手術方法をご提案いたします。
STEP4 デザイン
手術する部分、耳介からの皮膚・皮下組織・軟骨の採取部位、鼻孔縁の切開部位を正確にマーキングいたします
STEP5 麻酔
鼻の手術の場合、麻酔はブロック麻酔(三叉神経第2枝:眼窩下神経ブロック)を併用した局所麻酔で行ないます。特に痛みに弱いかたや恐怖心の強いかたは、手術中眠ってしまう静脈麻酔で行なうこともできます。
(⇒「麻酔」のページをご覧ください)
STEP6 手術
手術中は目を軽く閉じてリラックスしてください。術野である鼻の部分以外は、布で覆ってしまいます。起きていて意識のある状態が辛いかたは、静脈麻酔で行なうほうが良いでしょう。
STEP7 固定
鼻の部分の固定は必要ありませんので、ギプスやテープを装着する必要はありません。組織を採取した耳介部分は、小さなガーゼとテープで固定いたします。
STEP8 リカバリー
静脈麻酔を受けられたかたは、手術後リカバリー室のベッドでお休みいただきます。30分~1時間程お休みになればお帰りになれます。
STEP9 術後カウンセリング
ご帰宅されてからの注意をご説明し、次回来院日のご予約をいたします。術後通院日以外でも、何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。

手術に関して

施術時間 1時間程度で終了いたします。
傷跡 手術操作は鼻の穴の中からですので、鼻の皮膚にキズはできません。耳のキズは、周囲軟骨の凹凸によってほとんど目立たない状態になります。
麻酔 局所麻酔(ブロック麻酔併用)または静脈麻酔(手術中眠ってしまう麻酔法)のどちらかを選択できます。

麻酔について

入院 必要ありません。
通院 術後7~10日にキズを縫合している糸を抜糸いたします。その後は、術後1ヵ月と3ヵ月に定期検診を行ないます。検診日以外でも、何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。
入浴・シャワー 当日からOKです。傷口を濡らさないようにしてください。
メイク 翌日からOKです。
その他 手術後1ヵ月間は鼻を強く押したり、こすったりしないようにしてください。
日焼け・強い紫外線に当たらないよう気を付けてください。
妊娠中のかたは、時期によっては手術を受けることができません。

 

料金

手術名 通常料金 キャンペーン料金
鼻孔縁下降術 300,000円 240,000円
※料金表記につきましては、税抜表記となっております。

よくあるご質問

Q:鼻孔縁下降術をすれば鼻の穴が見えなくなりますか?
A:正面から見て鼻の穴が目立つ場合には、(1)鼻先が上を向いてup noseになっている、(2)小鼻が大きいために鼻の穴も大きくなっている、(3)鼻孔縁(鼻の穴のフチ)が上に切れ上がっていることなどの原因があります。このうち鼻孔縁下降術で改善できるのは、(3)の状態になります。(1)の状態には鼻中隔延長術、(2)の場合には鼻翼縮小術が適応になります。カウンセリングのときに、ご状態を正確に診断させていいただいて、最適な手術法を選択されると良いでしょう。
Q:せっかく鼻孔縁を下げても、戻ったりはしませんか?
A:軟骨移植や脂肪注入など組織を移植する手術は、移植後の組織の生着率によって、最終的に残存する組織の容量が決定されます。手術後数ヵ月の間に、血流不足や壊死によって、移植された組織はある程度小さくなってしまいます。(残存する組織量が少ない脂肪注入の手術では、生着率が30~50%と言われています。)そのため組織移植の手術では、ボリュームダウンを見こして、通常は多少大きめ(10~20%増)の組織を移植します。鼻孔縁下降術も皮膚・皮下組織・軟骨の複合組織移植ですので、術後の組織量の減少は起こり得ることですが、完全に元に戻ってしまうことはありません。また軟骨を複合させて移植することで、ボリュームの変化を極力抑えることができます。
Q:鼻のキズや耳のキズは目立ちますか?
A:鼻孔縁下降術は、鼻の穴の中から行ないますので、鼻の皮膚にキズはできません。移植組織は耳甲介(耳介の凹んだ部分)前面より採取いたしますので、その部分に1.0~1.5cm程のキズができますが、周囲軟骨の凹凸によってほとんど目立たない状態になります。
ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ


診療案内